右の髪の毛先だけハネやすい理由

日本人にはどちらかと言えば多いです

 

オノ
特にショートやボブスタイルの軽やかさと柔らかな雰囲気が得意でかなり多くさせていただいてます小野です

実は男性のカットも多くさせていただいてます

そして
自分自身
よりポジティブな雰囲気だったり
より柔らかさがあるような雰囲気
より素敵な

というのを提案させていただいてます
 

髪の毛のクセ 左右対象な方はほぼいないです
ほとんどの方がどちらかがハネやすかったり
特に右側の毛先がハネやすかったり
というのがあります

いったい何故でしょうか?

どちらか片方がハネやすい理由

綺麗におさまればよいですが
どちらかがハネやすいは必ずあります
それは生えグセの影響だからということは知ってる方も多いです

そして実はですが日本人の方のほとんど右がハネやすいということなのです

日本人の生えグセは右側がハネやすい

これはつむじの影響です
ただ個人差はあります

こんな感じでつむじから渦をまく感じで
毛流れしてます

左側はつむじからこんな感じで生えグセの毛流れがこんな感じなので比較的に内に収まってみえやすいです
そして顔に向かって髪がきやすいです

右側というとこんな感じで生えグセの毛流れになってますので
外に向かっててる顔から外に
つまりハネやすいようなりやすいです

補足として

この生えクセの毛流れにより
どちらかと言えば左耳後ろなどが
伸びていくと厚みを感じる いわゆる重さを感じやすいようになります

左右なんだか軽い方と重い方があるというのを感じたことがある方は生えクセの毛流れによってということになります

まとめ、、、どちらかがハネやすい対策として

まとめとつむじの生えクセの毛流れで左右の髪
はどちらかがおさまりやすく、ハネやすいようになってます
日本人は右側がハネやすいと言われてます
では対策としては

まずは自分自身がどちらがハネやすくスタイリングしにくいかを知ることが大切になります

それを知った上で
例えば夜ドライヤーで乾かすときも
左右同じ感じでドライヤーを当ててもやはりどちらかがハネます
ハネやすい方を顔を向かって内に内に持ってくるような乾かし方をしたほうが
ハネも少ないなります

そして
自分がカットさせていただいてる時は
生えクセ 毛流れによってかなり変えてるので
ハネやすいどちらかを
やや厚みを出したりをさせていただいてます

自分の髪のクセを今一度知ることも大切です

 

もうひとつのブログ noteも
是非よろしくお願いします

オンラインストア
こちらのオンラインストアからでもAmityの商品購入出来ます。
今後もいろいろ取り扱う予定です。
是非ご確認、ご活用ください

 

 

Amity

Amity アミティ

住所
島根県出雲市塩冶有原町5-51 三谷ビル

Amity, 5-51mitani Bld., Enyaariharacho, Izumo-shi, Shimane, 693-0023, Japan

TEL
0853-21-3833

営業時間
平日 土日祝 9時 〜 18時

Open: 9:00 am Close: 6:00 pm

定休日
毎週月曜日、毎週火曜日

closed

Monday and Tuesday

LINE@にてでご予約、ご相談出来ます!!
友達追加をすれば簡単にご予約や、ヘアスタイル相談、お問い合わせが気軽にできます。
友達追加するだけならこちらにはお客様の情報は一切わからないですし、美容情報など様々知ること出来ます。

↓こちらをクリックお願いします↓

友だち追加

 

 

 

 

 

 

プロフィール