これを知ればシャンプーとリンス、トリートメントを間違えなくなる

オノ
特にショートやボブスタイルの軽やかさと柔らかな雰囲気をつくるのが得意な小野です
よりポジティブな雰囲気だったり
より柔らかさがあるような雰囲気
より素敵なというのを提案させていただいてます

今回はシャンプーとリンスやトリートメントの見分け方についてお話ししていきす
パッと見はシャンプーとリンスやトリートメントは見分けがつくよって言う方がほとんどだと思います

そうですそうなんですただ、、、

これを知ればシャンプーとリンス、トリートメントを間違えなくなる

ただこういう経験ないですか?
人生でもしかしたら1回くらいはある方いると思います
シャンプーをする際
最初のすすぎのとき目をつぶってしまいますよね
それかシャンプーの際は目をつぶってしまいますよね

その時やりがちなのはシャンプーをつけたいのに間違ってシャンプーではなくリンスやトリートメントをつけてしまうと言う経験

目をつぶってたためについつい手探りでシャンプーボトルを選んだつもりがリンスまたはトリートメントだった

こんな経験ありませんか?

ちょっと本題に入る前に過去の自分の話をしていこうかなと思います
最近に関しては百発百中でシャンプーを見分けることができますが
昔に関しては百発百中で見分けてたかというとそうではなく5回に1回くらいは
間違えてリンスやトリートメントをつけてしまったりって言うことがありました
なんで間違えていたかと言うとシンプルにシャンプーとリンスのボトルが全く同じだと思い込んでたと言うことがあります

ただとあることを知ってから百発百中でシャンプー見分けることができるようになりました

シャンプーボトルは違う

じゃあここから本題に入ってきますけど
実はシャンプーのボトルとトリートメントリンスまたはコンディショナーボトルは違うのです

やはりパッと見は同じ形状ですが

何が違うのかと言うと若干形状が違うのです
シャンプーボトルに関してはギザギザがついてるんです
そのギザギザと言うのは
ボトルのポンプするプッシュするとこか
ボトル横にギザギザがついてます

ちなみにトリートメントは

ギザギザがついてません

ギザギザは何のためか?

その昔ですがどうやら
シャンプーとリンスの容器が同じで紛らわしい。形を変えて欲しい
洗髪時、目をつぶっていても区別がつくといい。
目が不自由なので容器に工夫をしてほしい

という要望がかなり多くあって
消費者の声を受け止め
1990年に誤使用の実態・消費者の認識を調査
1991年に盲学校訪問調査
触ってわかる、新しい基準を試作・検討
ギザギザのついたシャンプーが市場に初登場
どうやら花王が考えたということです

シャンプーとリンス、シャンプーの方だけギザギザがついてるのは花王が考えたんだけど
実は特許を取らなかった
というなんとも凄い話です
さらに他のメーカーに働きかけて今ではほとんどのシャンプーにもついてます

花王は企業の利益より消費者使う側の利便性を優先したというホント素晴らしいことです

ちなみにギザギザは
シャンプー以外にもボディソープなどの洗浄するものにつけられてます

まとめると

シャンプーとリンス、トリートメントは実はボトル若干違います
使う側のことを想った企業の努力でうまれたというちょっとしたギザギザ

ギザギザは優しさのあかしです

ということで
これを知れば百発百中です

LINE@にてでご予約、ご相談出来ます!!
友達追加をすれば簡単にご予約や、ヘアスタイル相談、お問い合わせが気軽にできます。
友達追加するだけならこちらにはお客様の情報は一切わからないですし、美容情報など様々知ること出来ます。

↓こちらをクリックお願いします↓

友だち追加

Amity

Amity アミティ

住所
島根県出雲市塩冶有原町5-51 三谷ビル

Amity, 5-51mitani Bld., Enyaariharacho, Izumo-shi, Shimane, 693-0023, Japan

TEL
0853-21-3833

営業時間
平日 土日祝 9時 〜 18時

Open: 9:00 am Close: 6:00 pm

定休日
毎週月曜日、毎週火曜日

closed

Monday and Tuesday


オンラインストア
こちらのオンラインストアからでもAmityの商品購入出来ます。
今後もいろいろ取り扱う予定です。
是非ご確認、ご活用ください

プロフィール