【髪の悩み】なぜか髪の内側がチリチリになる3つの原因

オノ
軽やかさ、柔らかな雰囲気のショート、ボブヘアが得意な小野です
・ポジティブな雰囲気
・やわらかさがあるような雰囲気
・よりステキな
これら提案させていただいてます

髪の内側がチリチリになってしまう3つの原因

こんなことないですか?

髪の表面の毛先がが引っかかってしまう。

または上の髪がパサパサ、チリチリ状態は経験ありますよね。

少ない話ですがこんなことを聞きます。

・髪の内側がチリチリになる
・襟付近の髪が引っかかってしまう

内側は、耳後ろやえり足付近のことです。

何故でしょう?

表面なら理由がわかる。

だけど内側の方がそんなことに。

実はボク経験ありました。

懐かしのウルフスタイル全盛期。

襟あしの長さが伸びるとなんだかおかしい。

手ぐしも通らない。

そこだけツイストパーマをかけたようなチリっとした質感。

とにかくイヤでした。

まず理由を調べていきました。

いくつかの場所にたどり着き、改善していきました。

そうすると気にならなくなってきました。

感動!!素晴らしい!そんな気持ちでした。

このような内側の悩みを抱えたかたいます。

ズバリ言います!!解消できます

まずは原因をしり、対策すれば良い状態になります。

この問題のポイントは【熱】【湿気】【摩擦】
です。

原因はコレだ!

原因はおもに3つが考えられます。

・乾燥
・髪質
・ダメージ

です。

この中でも1番は
内側の毛がダメージしてる
です。

いろいろな髪の悩みあります。

やはり1番はなんらかの影響で、少しずつ髪に負担がかかり蓄積して起こります。

そこが?ダメージ?

耳後ろ、襟足付近ダメージするの?

髪の表面や毛先ならわかるけど。

ウソって思われちゃいますが、実はその可能性は大いにあります。

表面や毛先は、紫外線や暖房など外から伝わる刺激により影響受けダメージします。

これに関してはほとんどの方はわかる話ですね。

ですが、内側にそんなことが。

これには3つの可能性があります。

・ドライヤーのやり方
・濡れやすい
・無意識に髪をいじってる

こころあたりありませんか?

何気なくやってて気づかない場合もありますね。

熱により

ドライヤーの乾かし方によって、負担がかかりすぎてることもあります。

・同じ場所に当てすぎ
・ドライヤーと髪の距離が近い

意識して改善していかないとなおりません。

髪を乾かす作業はルーティン化してませんか?

もしかすると、必要以上にドライ状態になってる可能性があります。

髪は乾かさないといけない。

だけど、乾いてる状態でまだ温風を当てると髪がダメっとなります。

例えていうなら

乾燥してるタオルを、乾燥機にぶち込んで乾かしてカラっカラになる状態ですね。

こうならないためは、乾かしますが乾燥させすぎない。

髪の毛の話で詳しくいうと。

【過乾燥しないためにドライヤーの熱から守る】

・濡れた髪の状態にまず、洗い流さないトリートメントをつけていく

・内側にもしっかりつけて、全体的にしっかり満遍なく熱から守っていきます

・そこから乾かす

・温風を同じ場所に当てすぎない

・順序よく乾かす

それプラスとして、毎日使うモノ自体もこだわることで悩み解消に繋がります。

ドライヤー

普段使ってるのはどんなのでしょうか?

いまさまざまあります。

たくさんある中で効果的なモノ数多く出てきました。

高性能、高機能ドライヤーを使えば

・髪に潤いを保てる
・乾かす時間も時短に
・まとまりあるように最高級な指通りになる

髪を乾かす道具とはいえ、モノによっては人生変わります。

もはや「美容機器」です。

そんな魔法のドライヤーを3つ紹介します。

コレらを使うと間違いなく、変わります。

自分の髪を今まで以上に好きになります。



バリア効果

ドライヤーの熱から守る。

洗い流さないトリートメントをつける話です。

これをつけると、バリア+指通りよくなります。

それに追加で香りに癒され気分もあがる効果あります。

だからこそ必須アイテムです。

おススメあげていきます。

・モロッカンオイル

【モロッカンオイル】若返りのヘアオイル!見た目年齢マイナス8歳

2021年11月10日

【モロッカンオイル正規販売店】

Nドットシリーズはこちら↓↓↓
たくさんラインナップあります。
Nドットシリーズ購入

あとはtrackオイルシリーズ

濡れたままの状態

えり付近は濡れたままになりやすい場所です。

理由は
・乾きにくい場所
・汗をかいてたまる

首元は季節により汗かきやすいです。

これにより湿っぽくなります。

場合によっては濡れた状態になりますね。

あと耳後ろは特に乾きが遅いポイントです。

そんな何気ないライフスタイルでウェットな状態になります。

このとき髪のダメージがかかりやすいです。

髪と髪が擦れるともっと負担がかかります。

知らないうちにダメージが蓄積していくイメージです。

無意識は怖い

本人では気づきにくいです。

ストレスが溜まると、髪を引っ張ったりしますよね。

他人に言われないとわからないです。

無意識にやってる手クセで、少しずつ損傷与えてるのです。

つもり積もるとチリチリ、パサパサになりますね。

まとめると

結局はダメージが積み重なりチリってなります。

この問題は意識しないと解決しません。

変化に気づかないといけません。

それにあった対策をしなければなかなか改善しないのです。

今回あげた3つの原因
・ドライヤーのやり方
・濡れやすい
・無意識に髪をいじってる

つまり熱、湿気、摩擦です。

これらをイマイチどチェックしてみてください。

いま出来る最初のステップは自分のいまを知る。

それから
・ドライヤーを変えてみる
・洗い流さないトリートメントつける
・ストレスを発散していく。

こうすると見違えるように変わります。

変わればもっとステキになれます。

そうなると自信がつきます。

上手くいきます。

幸せ、豊かさがでます。

是非行動してみてくださいね。

LINE@にてでご予約、ご相談出来ます!!
友達追加をすれば簡単にご予約や、ヘアスタイル相談、お問い合わせが気軽にできます。
友達追加するだけならこちらにはお客様の情報は一切わからないですし、美容情報など様々知ること出来ます。

↓こちらをクリックお願いします↓

友だち追加

Amity

Amity アミティ

住所
島根県出雲市塩冶有原町5-51 三谷ビル

Amity, 5-51mitani Bld., Enyaariharacho, Izumo-shi, Shimane, 693-0023, Japan

TEL
0853-21-3833

営業時間
平日 土日祝 9時 〜 18時

Open: 9:00 am Close: 6:00 pm

定休日
毎週月曜日、毎週火曜日

closed

Monday and Tuesday


プロフィール